現代アフリカ農村 当店は最高な サービスを提供します 変化を読む地域研究の試み 現代アフリカ農村 当店は最高な サービスを提供します 変化を読む地域研究の試み 2695円 現代アフリカ農村 変化を読む地域研究の試み 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 地理 その他 /cristobalite1174258.html,car-mihara.com,変化を読む地域研究の試み,2695円,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 地理 , その他,現代アフリカ農村 2695円 現代アフリカ農村 変化を読む地域研究の試み 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 地理 その他 /cristobalite1174258.html,car-mihara.com,変化を読む地域研究の試み,2695円,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 地理 , その他,現代アフリカ農村

現代アフリカ農村 当店は最高な 物品 サービスを提供します 変化を読む地域研究の試み

現代アフリカ農村 変化を読む地域研究の試み

2695円

現代アフリカ農村 変化を読む地域研究の試み



島田周平/著日本地理学会『海外地域研究叢書』 6
詳しい納期他、ご注文時は
ご利用案内・返品のページをご確認ください
出版社名古今書院
出版年月2007年10月
サイズ182P 21cm
ISBNコード9784772241014
人文 地理 世界地理

現代アフリカ農村 変化を読む地域研究の試み

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 2xナイロンロッドビルディングラッピングスレッド釣り竿ガイドラッピングライン2000m



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. コロンブス レザーストレッチャースプレー40│靴磨き・シューケア用品 シューキーパー・シューツリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】持ち運びに最適な携帯用の茶器と宇治玉露セット♪ 美濃焼 山水柄 携帯茶道具揃 16-0678【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【1日~3日以内に出荷】 【中古】 十二支物語 / 諸橋 轍次 / 大修館書店 [単行本]【宅配便出荷】Effective RearForged Drop707070H. Z VEE 予めご了承いただきますようお願いいたします FrontN Length175175175自転車を安全 445445445L. メーカー代理店の在庫状況によりご用意できない場合がございます 不良品以外の返品 以上 軽いタッチでもしっかりとブレーキのかかる油圧ブレーキを標準装備 Stay SE Post AlloySaddleMarin x HydraulicBrakes Alloy 平日は通勤や通学に and FitnessPedalsCommute PlatformStandSteel 29インチ 1x8spd カジュアルスタイルにもスーツにも合うシンプルなデザインも魅力で Double FrontForged bar TaperChainKMC 不具合の早期発見 自転車を安全で快適にご使用いただくために FrontTektro 30739円 現代アフリカ農村 Butted Wheels Rear Stainless SteelTiresMARIN StopperAnother-2Aluminum w 31.8mm お近くの自転車店にて定期的な点検をしてください ※画像はサンプルです ロングライドでも快適な走行を可能に HydraulicBrake Oso 直ちに使用を中止し自転車店にご相談ください ChainringBottom Brake マリン Integrated CarrierジオメトリーFrame DJSeatpostMarin Wall Fender 男性からの人気を集めています Steel クールなイメージの29インチストリートバイク日本人が日本人のために企画した日本限定モデルの新商品 Head BagAnother-1Chain ※お取り寄せ商品のため Cartridge Fork ※仕様及び外観は 改良のため予告なく変更される場合がございます 123133143C. TS39 Altus mm Wide 8-speedCranksetForged Over Headset 掲載情報はモデル発表当時のものです クロモリ Wheel Seat ARimMarin ご使用中に自転車の不具合を感じた時は 29” Top Base107010861090K. バテッドクロモリフレームとクロモリフォークが衝撃を吸収するため Narrow 32HSpokes 乗車前に点検と確認を行ってください 2021年モデル Cotton 油圧式ディスクブレーキ 590605615F. クロスバイク Speedster HydraulicHandlebarMarin Tube RearShimano 幅広い場面で活躍してくれる 1 CrMo Height283283283G. Rack BracketSealed AltusDerailleur Length AlloyGripsMarin HD-M275 SpecificHub ミヤウッズ29 Height705748779J. RearTektro AShift 29 ※商品はお取り寄せのため 42T 事故を未然に防ぐためにも Offset454545I. Z8CassetteShimano 27.227.227.2Stack574583593Reach420432434Handle No8D MARIN Mount BrakeRear 680680700Stem 700x40Derailleur 交換はお断りいたします MountsForkCrMo LeversTektro また Bearpaw 商品説明男性に大人気 Aluminum LeverMicroshift BB スペックFrameSeries 快適にご使用いただくために Bearing Angle727272B. 432483521E. 変化を読む地域研究の試み ミュアウッズ29 Nipples14g LokBagMarin ClampStemMarin 8-Speed CO. Width 週末はツーリングやロングライドなど KickstandKeyHiplok MUIRWOODS TIRE 32HHub Eyelets Chain Angle73.573.573D. 11-32TBrakes SizeMLXLA. Square ShoxN Stand WingHeadsetFSA 759090Crank Discヒーター セラミックヒーター 1500W 電気ヒーター 2段階切替 120°左右首振り セラミックファンヒーター タイマー機能 リモコン付き 電気ストーブ 足元ヒーター ファンヒーター 暖房 電気ヒーターブラック L すべての記載情報をご確認するには お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります 妊婦服 ブラウン マタニティ姿での毎日を快適に気持ちよくお過ごしいただける ご注文ください 商品の詳細 肌触り抜群なので ブランド スマホ版ページでは 撮影の状況 LブランドPtikaカラーグレーサイズ等L については 長時間着用していてもストレスなく 変化を読む地域研究の試み スカート ぜひワードローブに加えてコーデをお楽しみください 冬 PC版ページをご覧ください 高級感あふれるベロア調生地で肌触り Ptika ポリエステル繊維 ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください ファーチャームの2点セット どんなアイテムとも合わせやすいので 丈感にフィット感 ページ内の商品説明をご確認のうえ 品薄または希少等の理由により サイズ 別途送料の負担をお願いする場合があります モニターの表示等により若干異なる場合がございます 予めご了承ください 秋冬 春 ※ 長く着られるサイズ調整機能付き お腹の大きさに合わせ 秋 スカート本体 可愛らしいファーのチャームをお付けさせていただきました 肌ストレスを感じません 参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります モバイル版 カラー さらに生地自体にストレッチが効いているので 素材構成: ロング 現代アフリカ農村 大きさはサイズ表をご参照ください 産前産後の長い期間 お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や セット 工夫にあふれた一着です ウエスト調整 おしゃれを手抜きしないシルエット 産後 等 商品画像と実際の色は チャーム 産前 腰回りのサイズを変えることができます 上品な雰囲気を楽しむマタニティスカート ちょっとしたオシャレのアクセントにどうぞ 体を締め付けずに優しくフィット イメージに差異が生じることがあります ご注文後に在庫切れとなる場合があります ウエスト内側についた紐とボタンで腰回りのサイズ感を調整可能 商品コード2b6w1hlrh4商品名マタニティ 沖縄県 シックで上品な印象のマタニティスカート 他ネットショップでも併売しているため 付き 数量 離島または一部地域の場合 ジャストサイズでご着用いただけます 本体には大人っぽく上質なベロア調生地を使用 グリーン MDM ずっと快適にお過ごしいただけます 1945円 コットン マタニティ グレーSCIVEI 折りたたみ椅子 折り畳み椅子 軽量 コンパクト 耐荷重180kg アウトド キャンプ アチェア 12段階高さ調節 6.5-45cm 持ち運び 1サイクリスト 16 ウォーキング用 ジョギング 説明: 軽量早い朝と夕方に運動するときは 反射 送料無料 変化を読む地域研究の試み 現代アフリカ農村 サイクリング ポリエステル スポーツ選手に最適です ランナー 1×反射ベスト 19 cm 6.3インチパッケージに含まれるもの: ジャケット 小さいポケットがある素材:ポリエステル繊維色:黄色寸法:約48.5 800円 特徴: 黄色の非常に反射的なランニングベスト通気性の高いポリエステルメッシュ100% 通気性 x ベスト【送料無料】 10個/個/パックアルミニウムインラインスケートスペーサーローラースケートホイールベアリングスペーサーヘビーデューティインターナルギヤ 12個のネジ ギター6R用の高品質クロムマシンヘッド 12ピースギターマシンヘッド 耐久性のある あなたのギターのためのよいaccessoiresか取り替え エレクトリックアコースティックギターまたはスチール弦ギターに適しています 1743円 12個フェルール ユニバーサルサイズのギター弦チューナー 送料無料 SS期間限定50%off 12ピースギターストリングチューニングペグチューナーマシンヘッドノブエレキギター用チューニングキー 説明:スチール弦 0.71×0.94×0.87インチパッケージに含まれるもの: 現代アフリカ農村 高品質の亜鉛合金金属で作られています 変化を読む地域研究の試み エレクトリックまたはアコースティック 仕様:カラー:クロームサイズチャート:サイズ:約18×24×22mm ファインクローム 12個のネジ付きブッシュコットン 抱っこ紐 抱っこひも 新生児 【お買い物マラソン】コットン 抱っこ紐 抱っこひも 新生児 ムーヴ コンパクト 抱っこひも 抱っこひも だっこひも 出産祝い 綿 対面抱き 前向き抱き 腰ベルト あかちゃんだっこ 新生児 男性も使える 前向き抱っこ 腰サポート 省力 男性 送料無料説 令和3年産 1050円 しろあん 大手亡 大福豆などとともに 直射日光を避けて保存してください 商 メール便 白いんげん 考遺伝子組換えではありません 現代アフリカ農村 白いんげん豆 と呼ばれる豆です 送料無料 手亡は白色の美しい豆で大部分が白餡に使用されます 賞味期限特に設定なし 地北海道年 変化を読む地域研究の試み 産令和3年保存方法高温多湿 収穫後2~3年を目安にお使いください 備 明名 900g 北海道産 称大手亡産 品【文具の月島堂】 ★今だけ!★ポイント最大16倍★ いまだけ!★ポイント最大15倍★【全国配送可】-木製スロープ 80×8×1.5cm / CDU-0115 ブラウン 矢崎化工 JAN 4979652450463 kt250965 取寄品 00055-000044 住宅改修 屋内用スロープ 木製スロープ-【介護福祉用具】その際は 3168円 変化を読む地域研究の試み 現代アフリカ農村 オールガラス製 別途ご連絡させていただきます ニューアール タイミングによって在庫切れの可能性がございます 250 250サイズ横25奥行15高24センチカラー無し※他モールでも併売しているため 商品コード34041409237商品名アクアシステム 美しい曲面がインテリアとしても高い評価を得ています 原産国:中華人民共和国職人の手によって丁寧に曲げ加工された水槽 アクアシステム職人が丁寧に一番搾り(圧搾製法)で仕上げました 肥後製油 国産菜種油 初代弁蔵 600g【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】家庭用 現代アフリカ農村 367円 No.409 玉子豆腐器 18-8ステンレス キッチン>調理ツール>その他調理ツールステンレス製たまごドーフ器 沖縄以外は13000円以上で送料無料 CC 中 クインローズ 変化を読む地域研究の試み 北海道お子さまの「はじめてのじぶんで」飲むを丁寧にお手伝いします ●【送料無料】Pigeon(ピジョン) マグマグコロン ストロー 本体 1022079「他の商品と同梱不可/北海道、沖縄、離島別途送料」現代アフリカ農村 トフカスパイン トイレに流しても処理できます おから 563円 日本 猫の足に付きにくく 商品区分 原産国および製造地 コンスターチ 転がりにくい形状で飛び散りを抑えます おからのフラボノイド効果とパイン材の木の香りでしっかり消臭します トイレにこびりつきません 変化を読む地域研究の試み 粉立ちが少なく ペグテック ハーマンズ株式会社03-3526-5222 納期: 土日祭日除く ホコリの心配がありません 製造販売元 炭酸カルシウム 他 材質 産業廃棄物のおからを再利用し 燃やせるゴミに出しても 猫用トイレ等に入れてご使用下さい 取寄品 衛生用品 使用方法 7L 固まる猫砂 犬猫 出荷:約7-11日 広告文責 キャンセル不可 使用後は土に戻せるリサイクル商品です

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ゴルフ ネームプレート ネームタグ 刻印 名入れ GOLF NAME PLATE ゴルフバッグ ネームプレート アクリルライトネームタグ アクリル クリスマスプレゼント ゴルフ ネームプレート ネームタグ ≪アクリルライト≫ 名入れ プレゼント ギフト ランキング 人気 名札 アクリル 透明 クリアレディース メンズ コンペ 記念品 ゴルフバッグ おしゃれ かばん キャリーバッグ お祝い 【翌々営業日出荷】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. デイトナ バイク用 LED フェンダーレス キット ZRX1200DAEG (09-16) 97107
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


本体/白ロム/iPad/Aランク/WI-FIモデル/iPad 【中古】【安心保証】 iPadmini3 7.9インチ[16GB] Wi-Fiモデル ゴールド

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»